ノルマを課せられる理由を理解してノルマが苦でなくなる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
営業のノルマがクリアできなくて毎日が苦しい…
どこの会社も営業のノルマって厳しいのかな?

当記事では、こんな疑問にお答えします。

実はノルマがあることが当たり前ではない

ノルマを課せられる理由を理解してノルマが苦でなくなる方法
営業には必ずノルマがあると思われる方もいますが、実はノルマがあることが当たり前ではありません。当然目標となる数値はありますが、クリアしなければ減給とか、出来ないレッテルを張られるという会社は少ないです。
上司も毎回ノルマをクリアできるとは思っていないので、あくまでもこのくらいはやってほしいという希望程度のノルマを与えている会社もたくさんあります。
よって、すべての営業会社がノルマに厳しいわけではありません。
営業のノルマが苦しいと感じる人は、今すぐ会社を辞めましょう。そこまで苦しくなるほどにノルマを課せていたり、会社の風習的にノルマをクリアするのが当然という環境だと、最初にクリアしていると、のびのびと営業ができるので結果も付いてくるようになります。
クリアできないようなノルマを押し付けてくる会社の特徴として、体育会系でブラック企業であることと、経営的に苦しい環境にあることは間違いありません。

そういった企業は社長や上層部が若い頃にきびしい指導や環境で仕事をしてきたので、会社が苦しいときは社員が頑張らなくちゃダメなんだという持論を押し付けてくる傾向にあります。
営業ノルマというのは、その人がギリギリクリアできるか出来ないか?を本人と相談したうえで、お互いが納得して決めるべきことです。さらに、クリアできなかった場合には一緒になって要因を洗い出し、改善していく。改善中はノルマをゼロにして気持ちを楽にさせてあげるなどといった精神面のフォローが必要となります。
こういったことをしてくれる会社も事実存在します。
なので、今いる会社がすべてだという考え方は捨てて、新しい環境に身を置くことも視野に入れて仕事しましょう。

営業がノルマを課せられる理由

ノルマを課せられる理由を理解してノルマが苦でなくなる方法
営業がノルマを課せられる理由は2つあります。
1つ目は、社外での活動が主体となるので仕事量や仕事内容が把握しにくいこと
2つめは、営業の仕事次第で企業の成長度が大きく変わること
この2つは経営者からすると非常に重要なポイントになるので、仕事をきちんとやってもらうためにノルマという制約を付けていることがほとんどです。
なので、ノルマはクリアすることが目的になっていては本末転倒です。
本来は、真面目に仕事をしていれば、結果もついてくるのであえて会社側から成約する必要はありません。ノルマは社員教育出来ない会社の苦肉の策であるということを覚えておくといいかもしれません。

マスク安くなってきています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥797 (2020/10/26 11:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
"
オモバズ
タイトルとURLをコピーしました