フリーランスの収入を増やす方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
フリーランスになって収入増やしたいけど、どうやってフリーランスで稼げばいいんだろう?
フリーランスで仕事を受注する時の単価ってどうしたらいいのかな?

こんな疑問にお答えします。

フリーランスが稼いでいる方法

フリーランスの収入を増やす方法
フリーランスで収入を増やしたいと思う方は沢山いると思いますが、いざフリーランスになるのってすごく勇気が必要です。特に収入の面が一番気になるところですよね。
実際にフリーランスの方達がどのように稼いでいるのかをご紹介します。
フリーランスになる方々の経歴は様々ですが、一番多いのがエンジニアの経験があってその知識と経験を武器にフリーランスとして活躍している方が多いように見えます。

しかし、実際には、カメラマン、ドローン操縦者などみんなの目にはなかなか触れないような職業でもフリーランスとして活動している人は多く存在します。
そして、その方々は各自がポートフォリオを作成して企業に営業しているのが実情です。要するにフリーランスとして収入を増やしたいのであれば、人より優れた能力を身につけて、その実績を記した資料を企業に送る。
これが基本的なフリーランスの稼ぎ方になります。

企業側の考え方

お客様から信頼を得る
今までの企業の考え方としては、BtBが基本でした。いわゆる企業と企業が取引をするパターンです。しかし現在はCtBという個人が企業に売り込むというのが主流になりつつあります。これが成立する理由は簡単で、単純に企業と企業では費用が掛かりすぎることです。
企業が個人と取引することで、個人側は報酬が貰えて、企業側は低コストで高クオリティーの仕事を依頼することが出来ることから、フリーランスが活躍できるという事です。
単価に関しては、業界や仕事内容によって異なりますが、通常、企業が仕事を受けたときの相場価格が100万円なら、個人で受ける時はその50~70%程度が適当だと思います。

この金額で自分の仕事時間と期間が合うように価格を設定すると好ましいです。
もしも3か月掛る仕事内容で一般企業なら300万の見積もりを出すような仕事の場合、個人が出す見積もりの金額は150~210万が目安となります。
これが通れば1か月の収入が50~70万となりサラリーマンの平均月収は超える金額となります。このように自分が月にいくら欲しいのか?という希望と一般企業が出す見積もりの相場をうまく掛け合わせることで、提案しやすい金額の目安がみえて、依頼する企業側にもメリットがでることになります。
フリーランスで稼ごうと思うなら出来るだけ高単価、そして、様々な企業に営業をかけ続けることが必要となります。

マスク安くなってきています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥797 (2020/10/26 11:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
"
オモバズ
タイトルとURLをコピーしました