営業で結果を出すための3つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
営業の成績が上がらない。アポイントも契約も全然取れないんだけど、自分には営業が向いていないのかな?どうしたら営業が出来るようになるんろう。

アポイントが取れなかったり、契約がとてないというのは、営業をしていると必ず誰もが通る道です。今回は、営業で結果を出すための3つの方法をご紹介いたします。

営業で結果を出すために必要な事は、お客様から信頼を得る、顧客の課題を提案する、顧客の利益を最大化にする。この3つが最も重要な部分となります。
この3つをしっかりと出来るようになるとアポイントはもちろん、契約件数も徐々に増えていきます。

お客様から信頼を得る

お客様から信頼を得る
営業がアポイントが取れなくて苦しむのは当然のことです。大手の企業であれば社名を伝えただけで相手も分かってくれますが、中小企業の社名ではどこの誰だか全く分かりません。そんな人からいきなり電話で話がしたいと言われても断るのは当然のことですよね。
あなた自身が、逆の立場になれば同じようなことをされた時にどう思うか?という事をきちんと理解する必要があります。要するにアポイントが取れない原因は「信頼関係がない」からです。なので、最初の電話でアポイントを取ろうとすること自体が間違いです。

アポイントを取るためにやること
・挨拶の電話
・資料を送付した連絡
・資料を見てくれたかの確認
・提案資料を送付した連絡
・提案資料を見てくれたかの連絡
・ヒアリング
・アポイント
アポイントを取るためにはこのくらいの行動が必要です。しかし見る限りでは特別難しい内容ではないと思います。しかしほとんどの人がこの行動をやっていません。
それは一度目の電話ですぐに「商談したい」とか「一度話を…」などと強引に相手との時間を作ろうとするので、断れれて終わってしまうからです。

顧客の課題を提案する

顧客の課題を提案する<
本来なら、顧客が課題をこちらに投げかけるのでは?と思いますが、お客様は自分たちの本当の問題点に気付いていないことがほとんどです。なので、ヒアリングの時点で第三者目線で課題を見抜き、こちらから「こんなことで困っていませんか?」と投げかけると相手は図星なので、ドキッとします。このやり取りだけで信頼感はより一層上がります。

顧客の利益を最大化にする

顧客の利益を最大化にする
営業マンは常に自社の利益を優先してしまいがちです。しかし、本来はお客様の利益を最大化させる努力を営業マンが行う必要があります。お客様の利益が最大化することで、自社にも利益が回ってくるという事をしっかりと理解しなければ、自分本位の営業が続き、営業成績は上がりません。上記の3つを意識することで、半年後には周りを圧倒できる営業力が身に付いて結果も比例してついてきます。

マスク安くなってきています

created by Rinker
ピッタマスク(PITTA MASK)
¥797 (2020/10/26 11:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
"
"
オモバズ
タイトルとURLをコピーしました